本をスキマの時間に読みたいのなら電子書籍で読もう!

こんにちは!KENTAです!

本は紙じゃないと読む気になれないと思っていた僕が電子書籍の便利さに気付き今となっては本より電子書籍の方が読む比率が高くなりました。

電子書籍は本が読みたくても忙しくて読めないという方にぴったりです。

本をスキマの時間に読みたいのなら電子書籍で解決できます

本を隙間の時間に読みたいのなら電子書籍で読もう!
電子書籍ならどんなに忙しくても一日5分、10分と読む時間は作れます。

ポイントは片手で読めるものがよくて、スマートフォンだとさらに読む時間は増えると思います。

電子書籍はスマホサイズで読むのがおすすめ

電子書籍はスマートフォンサイズで読むのが1番良いです。理由は「持ち運びしやすい」、「狭いところでも読める」という点があるからです。

僕はスマートフォンに本をダウンロードして読んでいます。常に持ち歩いている携帯であればいつでもどこでも本が読めます。

満員電車・天候が悪い・トイレの中でも読める

都内の通勤や帰宅の時間は満員電車で読めないという方でも片手で読めるスマートフォンサイズだと問題なく読めます。

前は満員電車の中でも紙の本で読んでいたのですが、電車の中で人がぎゅうぎゅうに詰まってしまうと本がくしゃっとなったりで大変でした。

電子書籍だと本がくずれることもないですし、大雨の中でも電子書籍なので本が濡れる心配もありません。少し汚い話になりますがトイレの中でも集中して読むことができます。

空いた時間があればいつでもどこでも読めるという感覚です。

Kindleアプリならどの端末からでも読める

僕はiPhone 6sにKindleアプリをダウンロードして読んでいます。

本のデータはクラウド上に保存されているので、スマートフォンだけでなくどの端末からでも読むことができます。

ビジネス書や漫画のセール情報もたっぷりあるのでお気に入りのアプリです。

Kindle

Kindle

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

食わず嫌いはやめよう

これは電子書籍だけでない話しなのですが、食わず嫌いはよくないです。

本は紙じゃないと読む気になれないと変なこだわりがあったのですが、電子書籍で読んでみるとなんでもっと早く気づかなかったんだろうと後悔しています。

合う合わないはあると思うのですが、まずは実際にあつかってみることが大事だと思いました。

スポンサーリンク

まとめ

最近はKindleで本を買って読み漁っています。

本当にどこでも読めるので移動の時間や少しの休憩時間でも読めるようになりました。

Kindleでは読めない本もあるので、うまく使い分けて本を読んでいこうと思います。