ブログ

招き猫発祥の地とする説がある「豪徳寺」で初詣してきました。

新年明けましておめでとうございます。

2020年の初詣は三社参りしてきました。そのなかで「豪徳寺」は招き猫がたくさん奉納されていて少し変わったお寺だったので紹介。

世田谷区の豪徳寺駅から徒歩10分ぐらいの距離に「豪徳寺」があるので興味がある方は立ち寄ってみてください。

招き猫発祥の地とする説がある「豪徳寺」


「豪徳寺」は招き猫発祥の地とする説があり、実際にたくさんの招き猫が奉納されていました。初詣ついでに奉納されている招き猫を観にきている参拝者も多かったと思います。

招き猫発祥の地とする説がある。井伊直孝が猫により門内に招き入れられ、雷雨を避け、和尚の法談を聞くことができたことを大いに喜び、後に井伊家御菩提所としたという。

豪徳寺では「招福猫児(まねぎねこ)」と称し、招猫観音(招福観世音菩薩、招福猫児はその眷属)を祀る「招猫殿」を置く。招猫殿の横には、願が成就したお礼として、数多くの招福猫児が奉納されている。ちなみに、招福猫児は右手を上げており、小判などを持たない素朴な白い招き猫である。

Wikipedia

また、招き猫も2cmと小さいサイズから大きいサイズまで販売されていて「豪徳寺」の敷地内の左側に招き猫は奉納されています。

思った以上の量の招き猫が奉納されているので少しびっくりしましたが、実際にこれだけの量があるとインパクトもありますし観光としてきている参拝者がいたので招き猫によってたくさんの人がお寺にきているのかなと感じました。

2020年もよろしくお願いします

「豪徳寺」は思ったより敷地が広く落ち着いた雰囲気のお寺でした。天候にも恵まれ甘酒を飲みつつ休憩しながらとゆっくり三社参りできた一日でした。

前回の記事にも書いたとおり、2020年は挑戦し続ける年にしていきたいので1日1日を大事にしていこうと思います。作りたいサービスもあるのでその過程で記録していきたいこともブログとして書いて行けたらなと思います。

今年2020年もよろしくお願いします。