プログラミング学習記録

【学習記録 #1】「Progate」から「1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座」を読むと理解が深まった。

これからは、ポートフォリオを制作する上で学習として使用したサービスや本なども記録していこうと思います。

今回は「Progate」のHTML & CSS 初級編からFlexbox編まで受講し「1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座」を読み学習した記録です。「Progate」を学んだあとに参考書を読むとスムーズに内容が入ってきて理解しやすかったです。

「1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座」は評価が高かったので購入してみたのですが、値段以上の内容が詰まっていました。特にCSSのFlexbox(フレックスボックス)に関してのテクニックが参考になりました。

「Progate」は言語の概要を簡単に学ぶことができるサービス


「Progate」を初級編からFlexbox編まで受講してみて思ったのは、初心者がHTMLやCSSを学ぶには優しいオンラインプログラミング学習サービスだなと感じました。

特にこれといって開発環境を用意せず、Web上ですぐに学習することができるので言語の概要を簡単に学ぶことができました。HTMLやCSSはどのような言語でどんな特徴なのかをすぐに知ることができると思います。

HTML & CSSの初級編までは無料で学習することができるので、実際にコードを触ってみてプログラミングが自分の肌に合うか合わないかも確認することができるサービスでした。

プログラミングに少し興味がある方はまず「Progate」で無料で学習するといいかもです。

「1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座」は値段以上の内容が詰まった参考書


「1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座」は4ページ構成でサイトを作っていく参考書です。「Progate」でHTML & CSSの仕組みを学習していたので、参考書に書かれている内容がスムーズに入ってきました。

特にFlexboxやレスポンシブに関しての内容が分かりやくポートフォリオサイト作成でも活用ができそうでした。個人的には買ってよかったなと満足できる参考書です。

Flexboxを上手く使えるようになればレスポンシブ対応するときも意外とシンプルなコードでも大丈夫そうだったので、Flexboxは使いこなせるようになりたいです。

またFacebook、Twitterのプラグインの挿入の仕方や、YouTube動画を挿入した後のレスポンシブ対応もやり方も入っていたのでポートフォリオサイト作成だけではなく、今後するサイトにも使えそうな内容が詰まっていました。

この参考書から学べるのはHTMLやCSSだけではなくデザインに関しても丁寧に説明をしてくれていました。まさに本のタイトル通り「1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座」でした。

ネット検索は断片的、参考書は0~10まで学習ができる

 


今回、感じたことはネット検索は断片的に学ぶことができて、参考書は0~10まで学習ができるなと思いました。

以前に「今はネット検索で学ぶことできるから本は買う必要ないよ」と言われたことがあったのですが、僕はその学習方法は肌に合わなかったかもしれないです。

まだまだ初心者の僕は、参考書とネット検索を両方を上手く活用するのが良い学習方法のようです。