ブログ

東京⇔福岡(北九州)は飛行機スターフライヤーが安くて・楽ちんです!

こんにちは!KENTAです!

東京から福岡(北九州)までの交通手段は飛行機スターフライヤー「そら旅」を使うことで料金を抑えることができ、時間をかけずに東京と福岡の区間を行き来することができます。

スターフライヤーは羽田空港を活用できる点と乗り心地が良いのでおすすめです。

東京⇔福岡(北九州)交通手段

東京から福岡までの交通手段は大きく分けて3パターンありますが個人的には乗り物に長く乗れない体質なので飛行機を選択しています。

移動手段移動時間料金
バス約15時間¥9,500〜15,000
新幹線約5時間¥23,000
飛行機約2時間¥7,000〜50,000

航空会社によって料金の差がありますが、羽田空港でもスターフライヤーの場合「そら旅」を使えば片道10,000円ぐらいで行くことができます。

ゴールデンウィーク、お盆休み、年末年始などのシーズンに入ると飛行機の料金は値上がりするので場合によっては新幹線の方がおすすめです。

スターフライヤー「そら旅」を活用しよう

スターフライヤー「そら旅」とは、早期に購入すると割引ができるプランです。

スターフライヤーの通常運賃は36,000円ぐらいですが「そら旅」を活用すると最大75%ほど割引がきいてお得な料金で乗ることができます。

プラン名条件料金
そら旅8080日前までのご購入¥9,500 〜
そら旅6060日前までのご購入¥10,000 〜
そら旅4545日前までのご購入¥11,000 〜
そら旅2828日前までのご購入¥12,000 ~
そら旅2121日前までのご購入¥14,000 ~

予定が早く決まっている場合は乗り心地の良いスターフライヤーを活用して行くと体力的にも楽になります。

北九州空港から小倉駅行きのバスは深夜まで運行している

東京⇔福岡(北九州)は飛行機スターフライヤーが安くて・楽ちんです!
スターフライヤーは福岡空港と北九州空港にも行くことができ、北九州空港の小倉駅行きのバスは深夜の時間帯でも運行しています。

バスですと北九州空港から小倉駅までは700円で1時間ほどで移動できます。

バスの運行時間は5:15〜25:15までなので、この時間帯であれば小倉駅までいくことが可能です。

小倉駅が目的地の場合、体力的に考えると博多駅から新幹線がおすすめ

北九州空港から小倉駅までは結構距離もあって待ち時間も長いときがあります。

小倉駅が目的地だと「福岡空港⇒博多駅⇒小倉駅」のルートの方が楽なので福岡空港で降りた方がおすすめです。

福岡空港から博多駅は地下鉄の利用で5分でいくことができ、さらに博多駅から新幹線で小倉駅に行くと16分で移動することができます。

地下鉄と新幹線代を含めても料金2,370円(地下鉄260円+新幹線2,110円)で小倉駅にいけます。

バスの場合は渋滞とかもあると1時間以上かかる時もあるので個人的には福岡空港から小倉駅にいくルートの方が好きです。

成田空港のジェットスターやピーチ体力と時間の消耗がきつい

よくGoogleの検索で料金安い航空会社を検索するとジェットスターやピーチをみかけると思います。

料金は確かに安い時期で5,000円ぐらいから乗ることが出来ますが、体力的にかなりきついです。

東京駅から成田空港まで1時間30分ぐらいかけて移動して乗ることになりますし、ジェットスターやピーチは席も狭いので結構疲れます。

成田空港のジェットスターやピーチを利用する場合は体力と時間に余裕がある人向けの移動手段だと思います。

まとめ

移動手段の知識がない時は、ジェットスターやピーチをよく利用していましたが今はスターフライヤーの一択です。

福岡まで、いろいろと乗ってきましたが総合的にみると「そら旅」を使っての片道料金10,000円はかなりお得だと思います。

ゴールデンウィーク、お盆休み、年末年始などのシーズンに入ると飛行機の料金は値上がりするので、あまりにも高い場合は新幹線で移動するのがおすすめです。