健康

虫歯の治療から5年以上経過している歯は危険!?

こんにちは!KENTAです!

先日、歯石を取りにいきたかったので歯医者に行くと衝撃な事実が発覚しました!

小学生の頃に虫歯を治療した歯になんと虫歯が再発していました( ;∀;)

小学生に一回虫歯になってから大人になるまで虫歯に1回もなっていませんでしたが、そこから再発しているとのことでした。

今回のケースはレントゲンを撮らないと絶対にわからないパターンだったので治療してから5年以上経過している方は検査に行った方がいいかもしれないです。

5年以上はプラスチックが劣化

虫歯の治療から5年以上経過している歯は危険!?
これは本当に初耳だったのですが、治療に使ってるプラスチックは5年以上経つと劣化していくとの事でした。

僕の場合は小学生の頃に治療した後、プラスチックはそのままだったので約20年近くは放置していたと思います笑

定期的に歯石は取りにいっていたのですが「特に虫歯はありませんよ」と言われていたので安心していました。

特に痛みも感じなかったので気にしていませんでしたが、新しい歯医者にいって初診でレントゲンを撮ることになり、上の図のようにプラスチックの下に虫歯がある事が発覚しました。(絵が下手ですいません^^;)

心当たりある人はレントゲン検査を

虫歯の治療から5年以上経過している歯は危険!?
今回のケースはレントゲンを撮らないと虫歯はみつかりませんでした。

虫歯もかなり大きくなっていたので、神経の近くまで歯を削る羽目になりました( ;∀;)

虫歯を治療して5年以上経過している人は一度レントゲンを撮ってみたほうがいいかもしれません。

僕の場合は20年近く放置していたので例外かもしれませんが、心当たりある人はぜひ検査へ。

まとめ

医者に相談すると1年に1回のペースでレントゲンを撮るまではしなくていいとの事です。

心配であれば3年・4年をみてレントゲンを撮る事を勧められました。

歯はご飯を美味しく食べる為にも重要な身体の一部なので定期的に検査しようと思いました。

僕みたいに長年放置している人は絶対検査したほうがいいです。